「約定する」「スリッページがない」「スプレッドが開かない」FX会社

スリッページがひどい

使っているFX会社でこういったことが起こると本当にイライラします。

ではどうしたら「約定力が高く」「スプレッドが開かず」「サーバーも強い」FX会社が分かるのでしょうか?

FX歴5年の経験からいうと「実際に使ってみないと分からない」というのが本音です。

本当に約定するのか、スプレッドが広がらないのかなどFX会社の本当の実力は取引してはじめて分かることが多いです。さらにFX会社も常に変化しているので、実際にFXで結果を出している個人投資家は、多くのFX会社に口座を持って実際に試したり、状況に応じて使い分けたりしています。

本気でFXに取り組むという方はぜひいろいろなFX会社で取引してみて自分に合ったFX会社を見つける様にしてください。気に入った2~3社で取引できる状況にしておくといろいろな状況に対応できてさらに安心です。

そこで『当サイト運営者が実際に取引』したことがあるFX会社の約定力・スリッページ・サーバーの強さの感触や口コミなどを紹介しますので、FX会社選びの参考にしてもらえればと思います。

FXキャンペーンの種類これから紹介するFX会社は、
「約定率はほぼ100%」
「約定拒否一切なし」
「スプレッドがここ数年広がったことがない」
「本当の取引コストが非常に低く抑えられている」
などそれぞれにかなりの魅力的なサービスがあるFX会社ばかりです。

気になるFX会社があれば口座開設してスプレッドが広がるかを見たり、注文してみてご自分の目で実感してみてください。


FXキャンペーンの種類

表面的なスペックからは分からない約定力・サーバー・スリッページについてFX歴5年以上の運営者が実際に取引した感触、周りの個人投資家の口コミを紹介。ある意味「個人投資家から見たリアルな感想」になっています。みなさんがよく比較サイトなどで上位に来ているFX会社が無いかもしれませんがご容赦ください。その分満足してもらえると思います。

FX会社約定力サーバースリッページスプレッド
(米ドル/円)
詳細
サイバーエージェントFX
最大2万円キャンペーン中
当サイト限定でさらにプラス3,000円!
★★★★★★★★★★★★★★★0.4銭詳細
マネーパートナーズ
最大5,000円キャンペーン中
当サイト限定でさらにプラス1,000円!
※「申込経緯」の入力欄で「他サイトから」
を選択し「わかるFX」と入力して下さい。
★★★★★★★★★★★★★★★0.5銭原則固定詳細
楽天証券
(旧FXCMジャパン証券)
★★★★★★★★☆★★★★★変動制詳細
FXプライム
5,000円キャンペーン中
★★★★★★★★★★★★★★★0.5銭原則固定詳細
FXブロードネット
最大10,000円キャンペーン中
当サイト限定で高額FX書籍プレゼント!
★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆0.3銭詳細
DMM FX
最大4万円相当キャンペーン中
当サイト限定5,000円キャッシュバック!
★★★☆☆★★★★☆★★★☆☆0.4銭原則固定詳細

サイバーエージェントFX
サイバーエージェントFXは、約定力有利にもスベるスプレッドが魅力。しかも有利にはどこまででもスベります。約定力についてはかなり高く、スリッページを0にしない限り約定しなかった経験はありません。指標発表時にはスプレッドが開くこともありますが、サーバーが落ちることもなく取引できています。約定スピードも早い。約定スピードと約定率については、しっかりと公式サイトで公開されているので約定力とサーバーについてはかなりの自信があることが分かります。米ドル円のスプレッドについては0.4銭と業界最狭水準(固定ではありません)。ただしスプレッドは滅多に広がることはなく、公開している情報ではどの通貨ペアでも毎月90%以上の注文が提示されているスプレッドで約定しているので、固定ではないことをそこまで気にする必要はないでしょう。通常の店頭FX以外にも新規制対応のバイナリ―オプションや自動売買のMT4の口座もあるのでさまざまな取引に対応できるのも魅力

マネーパートナーズ
マネーパートナーズは、出ているレートで確実に約定するシステムなので今のところ約定しなかったという経験がありません。サーバーが落ちることもなく、ログインできないということも今のところなし。スプレッドが大きいのだけがネックでしたが、最近0.5銭原則固定へと大幅に改良!それでいて指標発表時も相場急変時も即約定するので、取引コストとしては業界最安だと思います。(※詳細はホームページなどでご確認ください)今までは短期売買する方は通常時は低スプレッド業者(「フォレックス・トレード」や「FXブロードネット」など)をというのをおすすめしていたんですが、面倒だという方は「マネーパートナーズ」といざという時のための「FXプライム」で十分かもしれません。FXで本格的に取引している人からの信頼も高く、ストレスゼロでおすすめ。100通貨からの取引もできて少額から始められるので初心者の方にも最適。ちなみに運営者の主力でもあります

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)
前からFXをしている人は楽天証券(旧FXCMジャパン証券)と言えば「スワップ金利が高い」というイメージだったのですが、最近は取引環境の強化にかなり力を入れていて「不利なスリッページ無し(有利は有り)」となっています。自分でも取引してみたんですが、すべらずにちゃんと約定するしはじかれることもありません。満足度高いです。このままこのレベルのサービスが続いたら主力の変更もありえそうなほど注目してます

FXプライム
米ドル/円のスプレッド0.5銭原則固定なので、スペックだけで比較すると絶対に上位にこないFX会社。ただ恐ろしいことに、ここのスプレッドはどんな指標で大きく動こうが、リーマンショックが来ようがほとんど広がったことがありません。もちろん約定も問題なし。FXのしくみを知っている人なら分かってもらえると思うんですが、これは本当にありえないんです。ほかにも先のチャートを予測するツール・シグナル配信・為替情報は見きれないほど充実していて、口座を持っているとかなり使えます

KaKaKu FX
ここもスペックだけで比較すると上位に来ない業者。スプレッド3pipsと結構お高め。スリッページは多少ありますが、約定力、サーバーがかなり強く悪い評判はほとんど聞きません。指標時にスプレッドは開いても約定はします。また通貨ペアが150種類と多いのも特徴。いろいろと取引したい人はぜひ。弱点としてはかなり取引が分かりづらいので、初心者の人にはつらいかも。サポートは良いですけど。

FXブロードネット
米ドル/円スプレッド0.3pipsは業界最狭クラス。ここも低スプレッドなので指標時・急変時のスプレッドの広がり、スリッページはあります。ただ平常時のスプレッド0.3pipsは本当に狭い。あまりに狭いのでここで慣れてしまうと他のFX会社が広く感じます。サーバーや約定力も平常時であれば問題ありません。平常時のスプレッドが狭い時限定でかなりおすすめします。

DMM FX
米ドル/円の0.4銭原則固定、ユーロ/円0.8銭原則固定、ポンド/円1.3銭原則固定などスプレッドは業界最狭クラス。低スプレッドで提供しているのでタイミングで約定に多少時間がかかることやスリッページはある様ですが、普段の時間帯であればそういったことも少なめになるので取引コストを削減することができるはず。実力と信頼は取引量が「世界第3位(※1)」ということから証明済み
※1 2011年第3四半期月間取引高 フォレックス・マグネイト「2011年第3四半期調査報告書「世界FX市場上位15社の月間売買高(7-9月期平均)


サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFX公式サイトサイバーエージェントFXは「約定力」「スプレッドが開きにくい」「サーバーが強い」。という3つの条件をクリアしている数少ない業者。

運営者が取引した限りでは、サイバーエージェントFXではスリッページをよほど厳しい値に設定しない限り約定しないというのは体験したことがありません

また指標発表時でもスプレッドは開きにくく、開いてもそこまで大きく開くことはほとんどありませんでした。サーバーも強いので、ログインや取引ができないという体験もほとんど記憶にありません。


外貨exなら有利にはどこまでもスベる!サイバーエージェントFXで特に注目したいのは「有利にもすべるスリッページ」です。月ごとに公開されている2013年10月の月間のスリッページ状況を見ると、スリッページなしの約定が64.07%有利なほうにすべって約定した注文が18.13%もあります。この数字をを合計して考えると、82.2%の注文が0.4銭以下で約定したことになります。サイバーエージェントFXはスプレッドが固定されてないということを気にする人もいるかもしれませんが、これなら固定ではないスプレッドでも全く問題ないと自分は考えます。しかも有利には無制限にすべるというのもポイントです。

また、データだけで見ると不利な方にもすべっているのですが、スリッページについては設定ができるので自分が許容できる範囲までで設定しておくことでこれも防ぐことができます。極端な事をいうと、少しでもすべって欲しくないという人ならスリッページの不利な方だけにすべったら約定させないという設定をしておけば不利なスリッページを排除して、スリッページなしまたは有利なときだけ約定させるということもできます。それでも82%は約定することになるので、これはスゴいと思います。

スプレッドは米ドル円のスプレッドが0.4銭で業界最狭レベル。ほかの通貨ペアもほとんどが業界最狭水準になっています。「スプレッドが狭く」「約定力も高い」「サーバーも強い」とサイバーエージェントFXはすべての条件がそろっています。ぜひ利用してみて有利にもスベるスリッページを体感してみてください。

》サイバーエージェントFXの詳細はこちら《


マネーパートナーズ

マネーパートナーズ公式サイトマネーパートナーズの特徴は「約定力」。以前マネーパートナーズの方と本音で話したことがあるんですが、「約定拒否しない」ことと「スリッページなし」というのは本当にこだわっていました。

以前に比べてドル円のスプレッドを0.5pipsとかなり狭めてきましたし、なんと言っても提示されているレートでそのまま即約定するというのが最大の特徴で魅力です。他のFX会社が注文ボタンを押してからちょっと間があって約定するのと違って、本当に瞬間で約定するので感動を通り越して驚愕します。

実はこの「即約定」を実現しているのには理由があって、顧客からの注文に逐一ディーラーがチェックしないシステムが採用されているからということがあります。

通常のFX会社のシステムだと、顧客からの注文に対してディーラーがチェックして反対売買をすることになっています。これは「カバー取引」と言われ、このカバー取引が成立して初めて顧客の注文が通ることになります。

マネパ取引画面だからそのカバー取引に失敗すれば注文が滑ったり、約定拒否ということが出てくる訳です。FX会社が意図的にというのもあります。

マネーパートナーズでは「とにかく注文が来たら通す」というシステムなのでレートそのままで約定するんです。かといってマネーパートナーズさんも商売ですので必ずカバー取引は必要。きっと相当優秀なカバー取引システムを持っているんでしょうね。

サーバーもかなり強いのでシステムがダウンするという経験はありませんし、ほかの人から聞いたこともないです。なんでもスーパードームという世界最強のサーバーが採用されているらしく、東京証券所並の注文も受けられるとか。まぁとにかく相当に強いサーバーを持っているということですね。

あとは100通貨から取引できるので初心者の人でも気軽に取引できます。1万通貨以下の取引は翌週に持ち越せないなどちょっと感覚が通常のFX取引と違うので微妙と言えば微妙ですが、本当に少額から始めたいと言う人にはオススメですね。

そんな良いことだらけのマネパの弱点は、あえて言うならスプレッドが業界で最狭というまではいかないこと。スプレッドにこだわらなければいけないスキャルピングや超短期取引の人は、普段の時間帯は「フォーランドオンライン」か「FXブロードネット」を使ってサブでマネパとなりそう。

指標時や急変時も提示レートでほぼ100%約定するので「約定力」「スリッページがない」「スプレッドが開かない」ということで考えると間違いなくこの分野で最高レベルのFX会社です。

》マネーパートナーズの詳細はこちら《

マネーパートナーズ

マネーパートナーズ32歳 男性 FX歴1年半
約定力が高いと聞いて口座開設したんですが、実際に取引してみたら本当に画面に出ているレートで約定するのでびっくり。取引ツールの「ハイパースピード」はチャート機能も優秀で使いやすい。今までつかってたところはひどかったと実感です。やっぱりFX会社はスペックだけで選んじゃいけないって反省しました。

マネーパートナーズ27歳 男性 FX歴2年
低スプレッド業者でずっと取引してたんだけど、スリッページはひどいし約定もしない。いろいろ口座開設した中で約定力はマネパがベストでした。約定も早くてさすが「ハイスピード」と言うだけあります。ただスプレッドが広いんで普段は別のFX会社を使ってますけど(笑)。確実に取引したいときとか長期ポジションを持つ時には信頼の高さでマネパしか使いません

マネーパートナーズ40歳 男性 FX歴5年
指標発表時でも相当なのがこないかぎり約定するので、そこはかなり気に入ってます。ちゃんと有利な方でも約定してますよ。長くFXをやってるからたくさんの会社で取引したけどここほど安定感があるFX会社ってほかにないんじゃないかな。通貨ペアが少ないのがいやだって人もいるけど、自分はそんなにいろいろ取引しないから問題無いです。

》マネーパートナーズの口座開設は公式サイトで《


FXプライム

FXプライムの公式サイトFXプライムは「スプレッドが広がらない」FX会社ナンバーワン。というかどんなときでもスプレッドが広がらない業者というのはここしかありません

FXの仕組みの話をすると、FX会社というのは金融機関しか取引できないインターバンクのレートを元に投資家に提示するレートを決めています。FX会社の人に聞いたところによると、このインターバンクのレートも急変時には10pipsほど離れるのでそういった時に低いスプレッドを提示するには、自分たちが損しないとムリなんだそうです。なので、急変時にもスプレッドが開かないFXプライムさんおそらく損してます

もちろんどこかで稼いでいるとは思いますが、他のFX会社からも「意味が分からない」と言われてしまうほどのシステムは専業投資家からかなり評価されています

スプレッドが広がらなくても滑ったり約定しなかったりしては意味がないんですが、約定もするしスリップすることもほとんどありません雇用統計でも取引してみたのですがスプレッドが広がらないだけでなく表示レートでバッチリ約定しました。公開されている直近のデーターでも「雇用統計発表時に最大0.1秒程度のレスポンスで約定」という結果になっています。

FXプライム取引画面ほかにもFXプライムは、「情報配信最高で賞」という栄誉ある賞も当サイトから勝手に贈呈したいほど優れていて、「MarketWin24(ニュース配信)」「プライム・ストラテジー(毎日の戦略動画)」、「井戸端為替会議(トレーダーの今後の見通しと分析など)」「チャートナビプライム(チャートソフト)」、「ぱっと見テクニカル(未来予想チャート)」「インターバンクの動向」などここでは全く紹介しきれないほどたくさんの情報が配信されています。自分的には、ここまで口座開設して良かったと思える会社はあまりないです。

右上に画像もありますが、運営者はこの取引ツールが気に入ってしまって常にここからチャートや情報をチェックしてます。

あとは1,000通貨から取引にも対応しているので初心者の人でも少額で始められます。ただ少し前に改悪してしまって今は1万通貨未満片道3銭、1万通貨以上0円、100万通貨超は0.5銭がとられるように。1万通貨は無料なので文句は無いんですが、またぜひ1,000通貨も無料にもどしてください。

サーバーはダブルデータセンター体制。そもそもFXプライムでサーバーダウンは体験したことも聞いたこともないのですが、さらにそのデーターセンターが2つあるらしいです。どれだけ安心感高めてるんだという話です。楽天なども日本中にサーバーを置いているみたいなのでそれと同じ体制ということになります。ここはさすがGMOグループという大手がやっているだけありますね。信頼感かなり高いです。

FXプライムの弱点もマネパ同様スプレッドが広いこと。スプレッド重視の短期売買の人は、普段の時間帯は「フォレックス・トレード」か「FXブロードネット」を使ってサブで「FXプライム」と「マネパ」で。わざわざ雇用統計発表時のデータを公開しているくらいなので大きな指標時やリーマンショックなんかの大変動時にも良いと思います。急変時で注文が通らず決済できない時に、ここで反対売買してマイナスの被害も最小限に済ませるなんていう使い方もできます。

》FXプライムの詳細はこちら《

FXプライムの口コミ

29歳 男性 FX歴3年
使っている業者のスプレッドが開きすぎで、収支の計算が狂いまくってイライラしてました。FXプライムは「スプレッドが広がったことがない」という事だったのですが、FX会社のサイトには良いことばかりしか書いていないのでだまされたと思って口座開設してみました。取引した感触としては最高としか言えません。今まで使ってた業者を損切りです(笑)。

31歳 女性 FX歴2年
最近スキャルにはまって、低スプレッドFX会社をいろいろと渡り歩きました。普通にスキャルしてるだけならブロードネットやMJあたりでも問題無いんですけど、一番楽しい値動きが激しいときに使えない…。それで、投資仲間の先輩にどこを使ってるか聞いたらFXプライムが良いんじゃないかって教えてもらいました。おかげで指標時の取引にも参戦して楽しく取引できる様になりました。

マネーパートナーズ37歳 男性 FX歴5年半
FX会社はここ以外必要ないんじゃないかな。というのは冗談だけど、半分本気。余計なこと考えないで取引に集中できるっていうだけで他の会社より相当有利。短期で小さい利益を積み重ねていく取引をする人には向いてないけど、それ以外のスタイルには全部対応できる。FXプライムは信用力があるから資金の心配もないし、これからもこのサービスを続けて欲しいね。

》FXプライムの口座開設は公式サイトで《

このページの先頭へ