テクニカルで勝つ!チャートで比較するFX会社

FXキャンペーンの種類

売買のタイミングやマーケットを分析するのに大事な役割を持つテクニカルチャート(テクニカル指標やテクニカル分析とも言います)。最近ではかなり多くの種類のテクニカルチャートが雑誌や書籍で紹介されています。

残念ながらテクニカルチャートを使うと確実に儲けられるという訳ではないのですが、取引をサポートしてくれることは間違いありません。完全に自分の裁量だけで取引するというのは無謀なので、チャートが優れたFX会社を使うことをオススメします。

当サイトでは「チャートが優秀なFX会社」のポイントとして、
1.テクニカルチャートの種類が豊富であること
2.チャートが見やすく、直感的に使いやすいこと
3.チャート画面から取引の発注までスムーズにできること
4.テクニカルが分からない人でも使うことができること
などを重視しています。

ただそれだけではなく、チャートというのは「相性」もとても大事だと思っています。

FXキャンペーンの種類高性能で使いやすいと聞いて使ってみたけど、正直自分には使いづらいななんてこともあったりします。もちろん相性というのは何社か使ってみなければ分からないので、ここで紹介しているFX会社のチャートを使ってみて使いづらいと感じたら他の会社のチャートも使ってみて下さい。高性能のチャートを使える会社を何社か紹介しているで、きっとみなさんの気に入るFX会社があると思います。

もちろんここで紹介するFX会社は『当サイト運営者が実際に使って』みてから紹介しています。

「テクニカル分析が苦手」「面倒くさい」という人のためにテクニカル分析を自分でしなくても売買タイミングを教えてくれたり、今利益が出ているテクニカル指標を教えてくれるサービスがあるFX会社も紹介!

気になるFX会社があれば口座開設してチャートを使ってみたり、注文したりしてご自分で確かめてみてください。

チャートがわかる様になればFXは絶対に楽しくなります♪

※MT4(メタトレーダー4)が最強のチャートということも聞く機会が多いと思います。確かにMT4はかなり優れていますが、外国産なのでかなりの部分が英語表記です。ある程度チャートを扱える人でないと難しく感じると思います。チャートに不慣れな人や英語が苦手な人は使いやすい日本のFX会社のチャートを使うことをオススメします。

書籍でチャートを学びたい人向け

当サイト限定!『高額のFX優良書籍』を対象の方全員にプレゼント!

高勝率トレード学のススメ「高勝率トレード学のススメ」という6,090円相当の高額本をプレゼント。その名の通り高勝率のトレードが学べるとても貴重な書籍です。トレンドライン、MACD、RSI、ストキャスティクスほかテクニカル分析の本当の使い方が学べます。この本は投資家からの評価が高い良書で、当サイト運営者がアイネット証券さんにお願いして特別に用意してもらった書籍。ほかのサイトからの申込みではもらえません。FXを学びたいという方は一読して損はないと思います。

≫当サイト限定!FX書籍プレゼント!「アイネットFX」の詳細・申込はこちら≪


チャート機能が優れているFX会社を調査

運営者が実際に取引したり、周りの個人投資家の口コミを参考に解説してみました。ある意味「個人投資家から見たリアルな感触」を知ることができます。もちろんどのサービスもチャート上に好きな様に線を引くこともできますし(トレンドライン・サポート・レジスタンスなど)、一般的なテクニカル指標の「移動平均線(SMA)」や「MACD」「RSI」「RCI」「一目均衡表」「ボリンジャーバンド」などはほとんどどこでも使うことができます。マニアックな「ペンタゴンチャート」「スーパーボリンジャー」といったテクニカルについてもどういったテクニカル分析が使えるかという一覧表を用意しているので、使いたいテクニカルがあるFX会社を選んで挑戦してみてください。

FX会社テクニカル操作性チャートから注文初心者詳細
マネーパートナーズ
最大5,000円キャンペーン中
56種類★★★★★詳細
セントラル短資FX
最大1万円キャンペーン中
28種類★★★★★詳細
外為どっとコム
最大2万2,000円キャンペーン中
17種類★★★★★詳細
FXトレーディングシステムズ
1万円キャンペーン中
20種類★★★★★詳細
GMOクリック証券
5,000円キャンペーン中
17種類★★★★★詳細
FXプライム30種類★★★★☆詳細
楽天証券
(旧FXCMジャパン証券)
最大5,000円キャンペーン中
36種類★★★★☆詳細

マネーパートナーズ
テクニカル指標の数が56種類とかなり多い。取引ツールのハイパースピードのチャート機能で使うことができます。「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」というまだごく一部のFX会社でしか対応していない話題のテクニカルまで使えるのも良い。「平均足」「RCI3本表示」が使えるということでも注目されています。操作性については高性能すぎて多少取っつきづらいという評判があるものの、慣れてしまえば最高のツールに。チャート上からすぐ注文もできるというのも取引するときにかなりポイントが高いです。100通貨からの取引もできるのでまずは百円程度のリスクで試してみてから実践にという使い方もできる。さらに、機能をアップした「ハイパースピードネクスト」ももうすぐリリースの予定。約定率もほぼ100%でチャートだけでなく運営者イチオシFX会社のひとつでもあります。

セントラル短資FX
テクニカル指標の数は23種類。「平均足」「EMA」という注目のチャートもしっかり使えます。チャートから取引への流れもスムーズ。チャート上に簡単に「見やすい」テクニカルのシグナルを出せるのも高評価。「ゴールデンクロス」なども表示してくれるので初心者でも分かりやすいです。口で説明するのは難しいんですけどとにかくここは「見やすい」。アイコンとかも分かりやすくて「とっつきやすい」です。最終兵器としてテクニカルがよく分からないという人のために「FXライブ!」というサービスがあり、「どのテクニカルを参考にしたら良いか」「今どのテクニカルが利益を出しているか」「売買サインが出ているか」なんてことまで教えてくれます。これはテクニカルがまだよく分からないという初心者の人にもかなり使えるのでオススメ。

外為どっとコム
テクニカルチャートの数は17種類、表示できる足の種類が13種類と必要十分。取引に必要なチャートはほとんど備えていますと言えます。チャートの種類だけでなく、使いやすいさにこだわっているのが外為どっとコム。リッチアプリ版なら保有中のポジションや注文中の注文など売買に必要な情報をチャート上に表示してくれます。こういった情報をいちいち確認する必要がなくチャート上に表示してくれるというのは本当に便利。またスマートフォンでも高性能なチャートが使えるというのもポイント。スマートフォンではテクニカル指標が12種類も使えて、同時に3つのチャートが表示できるなどリッチアプリ版にもひけをとらないチャート性能を持っています。外出時にもチャート分析したいという人にはかなり強い味方になってくれると思います。

GMOクリック証券
新サービス「プラチナチャート」で使えるテクニカル指標は38種類。「平均足」「EMA」「RCI3本表示」「ペンタゴン」も使えます。もともと「FXチャートゴールド」という評判の良いツールがあるんですが、よりチャートを使うとか見ることに特化したという感じ。正直前のはチャート機能の面で自分的には微妙だったんですけど、今回のはかなり良くなりました。めちゃくちゃ使いやすいので初心者の人にオススメ。ブラウザで表示するタイプなのでチャートから注文というのはできないんですが、PCがあればどこでも見られるので使えます。ブラウザタイプが良い人には最高のチャートだと思います。

FXプライム
テクニカル指標の数は30種類。「平均足」「EMA」「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」も使えます。チャートはシンプルな使い心地で結構気に入って使っています。最大のポイントはテクニカル分析しなくてもいろいろと教えてくれる「ぱっと見テクニカル」があること。今どういうテクニカル指標で売買シグナルが出ているかが一目でわかる「売買シグナル」、過去のチャートと比較して先を予想する「形状比較」、チャートのパターンから現在の状況を分析して将来の値動きを予想する「パターン分析」があって、プロ並みの分析が簡単にできるツールとして人気。かなり取引の参考になるという評判が高いです。

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)
テクニカル指標の数は35種類。「平均足」「EMA」「ペンタゴン」などが使える。クリック証券の「FXチャートGOLD」と見た目と機能はほぼ同じで、日経平均・NYダウ・WTI原油等との重ね合わせ表示ができる「4画面分割チャート」で1975年までさかのぼって分析できるなどプロ仕様の本格派チャートが上級者を中心に人気があります。チャートとは関係ないんですが、ここは戦略記憶ボードが超便利、スプレッド1pips、約定力が高いので最近密かに楽しんでいるオススメ業者です。10万円入金しないと「DRVチャートを使えないのがネック。

いろいろなFX会社を見てきましたが正直な話「マネーパートナーズ」でチャート機能としては十分足りと思います。テクニカルがまだよく分からないという人は「セントラル短資FX」、「FXプライム」ならかなりサポートしてくれる機能があるのでオススメ。ブラウザで使いたいなら「フォーランドオンライン」で。フォーランドオンライン以外は条件無しで高性能チャートが使えるので、自分が使いたいチャート機能があるFX会社を選んで使ってもらえば良いと思います!


マネーパートナーズ

マネーパートナーズのチャートは「ハイパー・スピード」という取引ツールに組み込まれているものを使います。運営者的にはこの「ハイパー・スピード」はFX業界最高の取引ツールではないかと思っていて、周りの個人投資家でも使っている人がかなり多い評判の高い取引ツール。
どこが良いのかというのを一言で言うと、操作性が良くて高性能ということ。

ハイパースピードのチャート

特に気に入っているのは、

・チャート上からすぐ「ストリーミング注文」を含めた注文ができる
(※注 ストリーミング注文は「提示価格で即約定するマネーパートナーズ最大の魅力。)
FXは通常、チャートとニュースのウィンドウだけを開いていることが多いのでこの機能は便利。
・ドラッグアンドドロップでチャートを表示させたり売買通貨を切替えたりと直感的な操作ができる
これは一見大したことが無いように感じるんですが、慣れてしまうとなぜ他のFX会社はやらないんだと思うほど快適!

サポート(支持線)、レジスタンス(抵抗線)、トレンドラインを引くのも消すのも簡単。自分のポジションを建てたところに建玉ライン、注文したところに注文ラインを入れることもできるなど本当に使いやすい。開発した人、かなり偉いです。

テクニカルチャートについては、業界最高レベルの56種類。「これ聞いたことないな…」というマニアックものもありますが(私の知識不足でしょうか^^;)、そういったところまで対応しているのがまさに高性能という感じ。基本的なテクニカルチャートはほぼ全てあって、注目されている「平均足」や「RCI3本表示」も使うことができます。「平均足」は10社くらいしか扱っていませんし、「RCI3本表示」ができるのも3社程度しかありません。これを使いたいという人はここを使えば間違いないです。ほかにもマーフィーこと柾木利彦さんの分析ツールである「スーパーボリンジャー」と「スパンモデル」も使え、それに基づいた相場分析や戦略なども見ることができるのも人気。
テクニカルの設定について細かく設定できるので、簡単にカスタマイズして自分仕様に変更できるのも良いです。細かい設定ができないFX会社も多いので、これもポイント高いです。

RCI3本表示 平均足

さらに「ハイパー・スピード」という名前の通り、起動も早いですし、操作の反応も早い。もちろん約定も超高速。マネーパートナーズはサーバーも相当な強さなのでシステムが落ちる心配もほとんどありません。約定力とサーバーの強さがあると、テクニカルチャートを使った戦略通りに取引できるのでここを使うメリットは大きいと思っています。

マネパ取引画面また「100通貨から取引できる唯一のFX会社」なので、新しい手法を試してみたいという場合にも使えます。自分も人から聞いたり、セミナーで仕入れてきた手法をバーチャルではもの足りないので100通貨で試したりします。損しても得しても数100円程度なんですけど、いきなり高額はかけられないのでこれで遊びながら試すという感じです。意外と使える手法なので、これは結構オススメ。

特に弱点という弱点はないんですけど、あえて言えばダウンロードのリッチクライアント型ということでしょうか。動作推奨環境がCPUがCoreDuo以上、Windows2000以降、常時接続のブロードバンド環境(ADSL、光など)ということになっています。うちはどの条件もクリアしているので問題無くサクサク動いていますが、ここだけは確認したいですね。ちょっと厳しそうだけど使いたいという人は、サポートに聞いてみるかとりあえず申し込んで実践してみるというのも手。PCやネット環境のスペックが足りないので他の会社にしたいという人は、ブラウザ型のクリック証券がオススメです。

》マネーパートナーズの詳細はこちら《

移動平均(SMA)ボリンジャーバンドストキャスティクス一目均衡表MACDRSIRCI指数移動平均(EMA)

トレンド系
ATR,Forcasting N-Days,High Low チャネル,Meander indicator,Sine-Weighted MA,StdDevRange,Variable Volatility Stops,アールインジケーター,エンベロープ,オートマチックトレンドライン,ケルトナー・チャネル,スイングインデックス,スイングポイント・ビュー,バイナリーウェーブMACD,パラボリックSaR,バランスオブパワー,ピボット・トレーディング,ピボット・ポイント,ブル・ベア,ボラティリティ,時系列練行足
オシレーター系
AccumSwingIndex,ADX,Buy Sell Point,CCI,CMO,DMI,DPO,DrawSimpleLine,Elder-Ray,MACD,MAO,PathFinderMA,RCI,Reverse Engineeringdoc,ROC,RSI,S/Rオシレーター,SNR,アルーンオシレーター,アルティメット・オシレーター,ウィリアムズ%R,サイコロジカルライン,ストキャスティクス,ストキャスティクスRSIオシレーター,スロー・ストキャスティクス,バイナリーウェーブ,モメンタム,値動きサイコロジカル,乖離率
オリジナル系
Rate Move Frequency,スーパーボリンジャー,スパンモデル

マネーパートナーズの口コミ

30歳 男性 FX歴3年半
結構FX歴が長いのでMT(メタトレーダー)やVTトレーダーも使ってますけど、正直全部日本語のマネパのハイスピードの方が安心します(笑)。もちろんチャートとしての性能はMT4とかVTの方がより高性能なんですけど、マネパでも十分すぎるくらい高性能ですよ。僕はハイパースピードにあるもの以上の環境は必要ないです。だったらそのまま取引出来て約定力が高いハイパースピードで取引した方が良いですよね。これ以外要らないです。愛用してます。

24歳 男性 FX歴半年
まだまだFXを始めたばかりなんですけど、ついこの間までは他のFX会社を使っていた乗り換え組です。前の会社はチャートが使いにくくて挫折しました。前のFXに比べるとマネーパートナーズのチャートは使いやすい!本に書いてあるテクニカルチャートをすぐ表示できる様になりました。使いやすい取引ツールだと取引に集中できて良いですね。あとは利益を出すことに集中します!

41歳 女性 FX歴2年
RCI3本表示とボリンジャーバンドを表示させて取引したくて使い始めました。知り合いからそれならマネパが良いよと聞いて使い始めたんですが、ここはいろんな意味でヤバいですね。チャートだけじゃなくて、ハイパースピードの約定力、約定スピードは超感動もので衝撃した。ただ、弱点があるとしたらここで取引するとFX会社のせいにできなくなることでしょうか^^A

》マネーパートナーズの口座開設は公式サイトで《


セントラル短資FX

セントラル短資FXもマネーパートナーズと同じように「クイックチャートトレード」という取引ツールに組み込まれているチャートを使います。このチャートは分かりやすくてそれだけでも結構オススメなんですが、さらにここのイチオシ「FXライブ!」がテクニカル指標を使うトレードをかなりサポートしてくれます。テクニカル初心者はもちろん上級者まで実戦で使える環境が整っているFX会社。

クイックチャートトレードのチャート

「FXライブ!」の良い点は、

・テクニカルチャートがよく分からなくても大丈夫
テクニカル分析ができなくても売買シグナルを自動で表示してくれるので、初心者の人で簡単にテクニカル分析ができちゃいます。さらにテクニカル指標のランキングを参考にすれば、今現在どの指標が最も利益を上げているかが分かるのでどのテクニカル指標を参考にすれば良いかというところまで分かります。これは本当に超便利です。
・シグナルが出たらメールで配信してくれる
売買シグナルを見るだけならFXプライムも含め何社かあるんですが、使用料無料で自分が選んだテクニカルの売買シグナルをメール配信してくれるのはセントラル短資FXだけだと思います。チャートをじっと見ている事ができない時なんかにすごく使えます。

テクニカル以外にもニュースやレポートなどがまとめてチェックできるなど情報満載でトレードにかなり参考になります

シグナルマップ テクニカル指標ランキング

上の画像からわかる通り、自動でいろいろなテクニカル指標を分析してくれます。もちろん今一番利益をあげているテクニカル指標をそのまま実践することもできますし、テクニカル指標を一つだけでなくいくつか参考にする人も見てすぐに売りか買いかどちらの売買シグナルが出ているかわかるので便利。自分も一つのテクニカル指標だけでなくいくつか参考にするタイプなので、「FXライブ!」の「シグナルマップ」や「テクニカル指標ランキング」を参考にする機会が多いです。上の画像を見てもらえばわかる通り、ひと目で「どんなテクニカルでどんな売買シグナルが出ているか」「どのテクニカルが結果を出しているか」がわかるのでテクニカル指標がよくわからなくてもテクニカルがガンガン使えるようになるのでかなりオススメ。ぜひ一度使って欲しいツールです。

さらに自分が選んだテクニカルで売買シグナルが出たらメール配信してくれるシステムは、ほかにありそうで無いシステムでかなり使えます。自分もトレードしたいけどチャートを見ていられない時なんていうのが結構あるので、そんな時に売買シグナルのメールが来るとさっとチェックしたりトレードに戻れたりするので重宝してます。急変時なんかにも結構メールが来るので、チャンスはもちろんピンチの時にも使えます。これに何度助けられたことか(苦笑)。セントラル短資FXさんお世話になってます!トレードではそこまで使ってないんですけどこの機能は手放せません!

セントラル短資FXは非常に安定していて信頼性の高い会社なので口座を持っていて損はないと思います。ただサービスが充実しているかわりにスプレッドは広いです。もう少し狭いと短期の取引でも使える様になるので頑張って欲しい!中~長期なら安定感が高いので安心して取引できる。テクニカル分析が苦手な人や初心者の人は「FXライブ!」にテクニカルはまかせてしまいましょう

》セントラル短資FXの詳細はこちら《

移動平均(SMA)ボリンジャーバンドストキャスティクス一目均衡表MACDRSIRCI指数移動平均(EMA)

テクニカルの種類
移動平均線、移動平均乖離率、RSI、RCI、ボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクス、DMI、一目均衡表(転換線/基準線/遅行線/雲の境界)、パラボリック、ヒストリカルボラティリティ、パーセントR、モメンタム、エンベロープ、CCI、フィボナッチリトレースメント、トムデマーク、スパンモデル、ATR、EMA、高値移動平均、安値移動平均、日柄カウンター

セントラル短資FXの口コミ

29歳 男性 FX歴2年
ずっと「テクニカルを身につけたい」と思っていたんですが、仕事が忙しい上にチャートを見るのが苦手なので勉強は先のばしに。結局裁量に頼ったトレードをするけどうまくいかない。。。そんな自分も「FXライブ!」でチャートや売買シグナルを見ているうちにだんだんとテクニカルが分かるようになりました!今ではいろいろなテクニカル指標やシグナルを見て自分なりの考えで取引してます。もちろん自分で分析しないで「FXライブ!」で見てますがそれでじゅうぶんだと思います

31歳 男性 FX歴4年
自分でテクニカル分析をしていたこともあるんですが、今は「FXライブ!」で一番調子が良いテクニカル指標などを参考にして取引してます。ほかの会社で売買シグナルまでは配信しているところはあっても、ランキングを見られたりメール配信までしてくれたりとここまで充実してのはここだけ。正直、自分はここに頼ってかなり楽して取引できる様になりました

26歳 男性 FX歴2年
中~長期の取引をするために信頼感を重視してセントラル短資FXを選びました。取引機能にはあまり期待していなかったのですが、「FXライブ!」かなり使えますね外出しているときでも携帯にメールを送っておけばチャンスですぐ取引なんてこともできてしまいます。仕事中にチャートを見なくても済む様になったのもありがたいです(笑)。

》セントラル短資FXの口座開設は公式サイトで《

このページの先頭へ